SEO対策 アフィリエイト

キーワードずらしとは?役立つツールや注意点まで解説!

キーワードずらしとは?役立つツールや注意点まで解説!
悩んでいる人
「キーワードをずらすって何?どんな意味があるの?」

こういった疑問に答えます。

本記事ではキーワードずらしについての説明ずらしキーワードの見つけ方を解説します。
キーワードずらしをマスターすれば、集客の幅が広がるので個人ブロガーなら覚えたいテクニックです。

キーワードずらしに役立つ無料ツールもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

本ブログでは、キーワードずらしを含め「アフィリエイトブログで稼ぐコツの記事」を投稿していますので、ぜひ参考にしてください。

キーワードずらしとは

キーワードずらしとは、競合の多いキーワードを避け、競合の少ない「ずらしキーワード」を見つける手法のことです。

例えば、キーワードリサーチツール(らっこキーワードなど)でSEO対策するキーワードを決めますよね。
でも、多くの人が同じツールを使ってSEO対策のキーワードを決めるので、「競合(ライバル)が多い状態」になってしまうのです。

そんなときに活躍するのが「キーワードずらし」です。

一定の検索数があるものだけがツールによって表示されます。
反対に、一定の検索数が無いキーワードはツールによって表示されないのです。

その一定の検索数が無いキーワードを"あえてSEO対策キーワード"に設定することがポイントです。

どのようなメリットがあるのかを下記にまとめました。

  • 競合が少ないから上位表示しやすい
  • 競合が現れにくいから長期間のアクセスが見込める
  • レッドオーシャンな分野でもアフィリエイトしやすい

主に上記のようなメリットが挙げられます。

ブログを始めたばかりの頃は、上位表示が難しいキーワードがほとんどです。
しかし、キーワードずらしを行えば上位表示を狙いやすいという特徴があります。

また、ずらしキーワードは競合が現れにくいので、長期間のアクセスを見込めます
企業サイトが検索数の少ないキーワードまで上位表示を狙うケースは少ないです。

さらに、レッドオーシャンな分野でもアフィリエイトしやすいです。
[転職][クレジットカード]などレッドオーシャンな分野ってありますよね。

キーワードずらしに取り組めば、レッドオーシャンな分野でも比較的競合が少ないため、個人ブロガーなどでも十分に勝負できます

キーワードずらしはどんな人におすすめの手法?

キーワードずらしは、誰であっても取り組むべき手法です。
ただ、最もオススメなのは「ブログを開設したばかりでアクセスが少ないブロガー」です。

ブログを開設したばかりのときは、Googleからの評価も低く、ほとんどのキーワードで上位表示できないでしょう。

しかし、キーワードずらしで書いた記事であれば、ブログを開設した初期段階からアクセスを稼げます

早い段階からアクセスを稼げれば、Googleからの評価も良くなり、毎日のクロール数も増えていきます

Taki
ブログを早く成長させたいなら、キーワードずらしの記事を多めに書くのがオススメですね。

ずらしキーワードの見つけ方と具体例

それでは、ずらしキーワードの見つけ方と具体例を2つほどご紹介します。

1.「検索ユーザーの悩み」から見つける

まずご紹介するのは、「検索ユーザーの悩み」からずらしキーワードを見つける方法です。

実は検索ユーザーの悩みを考えることで、ずらしキーワードを簡単に見つけることができます

具体例

具体例として、[ブログ 集客]のずらしキーワードを見つけます。

キーワードずらしキーワードの例
[ブログ 集客]・[ブログ PV 増えない]
・[ブログ 人が来ない]
・[ブログ アクセス少ない]

具体例は上記のとおりです。

Taki
具体例のずらしキーワードを発見できたのは「検索ユーザーの悩み」を考えたからです。

まず、キーワードリサーチツール(らっこキーワードなど)で[ブログ 集客]というキーワードがあることを知りました。

次に、ずらしキーワードを見つけるために[ブログ 集客]と検索する人が持つ悩みを考えました。
ここで質問ですが、ブログの集客方法を知りたい人はどんな悩みを持っているでしょうか

「ブログのPV数が増えない…」と悩んでいる人が検索していると想像できますね。

ブログのPV数が増えなくて悩んでいる人は、「なんでブログに人が来ないの!?こんなに頑張っているのに…!」と悩みを直接検索する可能性があります

だからこそ、具体例のずらしキーワードを発見できました。

以上の内容をまとめると、「検索ユーザーの悩み」からずらしキーワードを見つける手順は下記のようになります。

見つける手順
  1. ずらす前のキーワードをツールで調べる
  2. ずらす前のキーワードを"検索しているユーザーの悩み"を考える
  3. "検索ユーザーの悩み"をずらしキーワードとして設定する

このずらしキーワードの見つけ方を覚えると、普段から検索意図を理解してからで記事を書けるのでオススメですよ。

2.「類語・カタカナ語」から見つける

2つ目にご紹介するのは、「類語・カタカナ語」から見つける方法です。

1つ目の方法が難しい場合には、この方法でずらしキーワードを見つけましょう。

具体例

キーワードずらしキーワードの例
[〇〇 レビュー]・[〇〇 感想]
[転職]・[キャリアチェンジ]
・[ジョブチェンジ]

1つ目の例として、商品やサービスのレビュー記事で[感想]というキーワードを使います。

「商品やサービスのレビューの記事」と「商品やサービスの感想の記事」って内容に大きな違いってありませんよね。
それでも、両者を検索したときに検索結果が異なるケースが多くあります

[レビュー]というキーワードよりも、[感想]というキーワードのほうが競合が少ないケースが多いため、キーワードずらしとして有効です。

2つ目の例として、[転職]というキーワードではなく、キャリアチェンジやジョブチェンジといったキーワードを使います。
検索ボリュームが少なくなる代わりに、競合が大きく減ります。

このように、類語やカタカナ語を使用することで、競合の少ない分野で勝負できます

見つける手順
  1. ずらす前のキーワードをツールで調べる
  2. ずらす前のキーワードの「類語・カタカナ語」を考える
  3. 「類語・カタカナ語」を使用したキーワードをずらしキーワードとして設定する

上記の方法でずらしキーワードを見つけてください。

キーワードずらしに役立つ無料ツール

ツール

キーワードずらしの見つけ方と具体例が分かったところで、役立つ無料ツールをご紹介します。

1.OMUSUBI

OMUSUBIは、入力したキーワードのサジェストを自動でマインドマップ化してくれるツールです。

マインドマップ化してキーワードを分類してくれるので、各サジェストの関連性を把握するのに役立ちます。

また、ユーザーの検索意図を想像するときにも便利です。
サジェストの上下関係や関連性を知ると、ユーザーの検索意図を想像する手助けになります

ユーザーの検索意図を外してしまうと、ずらしキーワードを見つけられないだけでなく、記事の内容も微妙な感じになってしまうので注意しましょう。

≫OMUSUBIはこちら

2.ちえのわ!

ちえのわ!は、OMUSUBIと同様に、入力したキーワードのサジェストを自動でマインドマップ化してくれるツールです。

ちえのわ!のほうがOMUSUBIよりも詳細なマインドマップを作成してくれます。

OMUSUBIとちえのわ!の両方を使用して好みのツールを使うのがオススメです。

どちらのツールも「ユーザーの検索意図を想像する手助け」をしてくれることでしょう。

≫ちえのわ!はこちら

3.連想類語辞典

連想類語辞典は、入力したキーワードの類語・同義語・連想語を表示してくれるツールです。
別の言い回しが思いつかないときは役立ちます

普段のライティング作業においても、単調な文章になってしまう場合には使ってみてください。

≫連想類語辞典はこちら

キーワードずらしのデメリット・注意点

最後にキーワードずらしのデメリット・注意点をお伝えします。

キーワードずらしのデメリット・注意点は以下のとおり。

  • ずらしキーワードの検索ボリュームが0の可能性がある
  • 単体では大きな効果を持たない

1つずつ解説しますね。

ずらしキーワードの検索ボリュームが0の可能性がある

まず、ずらしキーワードの検索ボリュームが0の可能性があります。

競合が少なく、上位表示しやすいといっても、誰も検索しないのであれば意味がありません。

ずらしキーワードは「なるべく検索ボリュームの多そうなキーワード」から選ぶのがコツです。

単体では大きな効果を持たない

キーワードずらしで書いた記事は、単体では大きな効果を持ちません。

内部リンクを設置して別ページのSEO効果を高めたり、アフィリエイト広告を掲載している記事への導線にしたりするのが重要です。

キーワードずらしの記事だけを書いていても大きな収益は見込めず、一般的なSEOキーワードと合わせて書いていきましょう。

今よりもアフィリエイトで稼ぎたい!という人は、「アフィリエイトブログで稼ぐコツの記事」をぜひ参考にしてください。

Taki

SEOやアフィリエイトが好きな20代のWebライターです。
これまでのWordPressサイト運営経験をもとに、役立つ情報を発信していきます。
>>プロフィールを読む。

-SEO対策, アフィリエイト